強気な醜女(ストーリーの女たち)のネタバレ!ブスの資産家と結婚したホストのとんでもない末路とは!?

強気な醜女

主人公は歌舞伎町で働くホストなのですが、ツケをした女に逃げられて一千万円の借金をかぶってしまいます。

そこで主人公は客引きをするのですが、そこで見つけたブスはとんでもないお金持ちでした。

その財産を手に入れるため女性と結婚するのですが、とんでもない未来が待っていたのです…。

「ストーリーな女たち」
タイトル:強気な醜女
作者:真田魔里子

1.強気な醜女
2.摩天楼のマリエ
3.深潭
4.天上の花

恐怖度   ★★★★★
おススメ度 ★★★★

 

無料試し読みはこちらから↓
「強気な醜女」で検索!

スマホはこちらから
まんが王国で無料試し読み

PCはこちらから
eBookJapanで無料試し読み

 

あらすじとネタバレ

主人公は藤原 晃玖(ふじわら あきひさ)、歌舞伎町で働くホストです。

晃玖は最近ツイてないと感じています。

上客と思っていた女に飲み代をツケで貸し付け、一千万円近く借金をかぶってしまったのです。

おかげで店に借金が出来てしまい、客引きで新しい上客を見つけようと頑張っています。

 

晃玖が客引きをしているとブランド品を着こんだ女性を見つけ、

「ねえ君、ホストクラブで遊んでかない?」

と声をかけます。

「えっ、わたし?」

と振り返った女性はとんでもないブスだったのです。

 

ホストクラブにやってきたその女性は真行寺 真珠(しんぎょうじ あこや)という名前で、たくさんの料理とドンペリを注文するのです。

晃玖はその様子を見て、

「そんなに…金払えんのか?」

と言うと、真珠は

「これくらいあれば足りる?」

と札束をバサッと取り出すのです。

 

なんと真珠はとんでもないお金持ちでした!

それもそのはず真珠の父親は平成の石炭王と呼ばれる大富豪だったのですが、老いて死にかけていたのです。

 

このことを知った晃玖はある事を考えます。

真珠と結婚して遺産を相続し、その後事故に見せかけて殺せばいいと考えたのです。

 

すぐに真珠と結婚すると、ホストクラブの一千万円の借金を返しヒルズに新居に購入、ベンツに新しい服を買うなど価値観が一変します。

しかし真珠との生活は想像以上におぞましいものでした。

真珠は馬のように食い、風呂もほとんど入らないし、夜は大イビキで晃玖はほとんど眠れません。

食事もファーストフードばかりバクバク食べているのです。

そんな真珠との生活で、せっかくヒルズのの豪華な億ションもゴミであふれる汚部屋と化してしまうのです。

 

そうこうしているうちに真珠の父親は病気が奇跡的に回復し、晃玖の計画はおじゃんになります。

晃玖も真珠の生活に合わせているうちに太ってしまい、ホストとしては働けない体形になってしまうのです。

 

それから一年後ー。

晃玖は真珠と同じような生活をしています。

日中はスナックをボリボリ食べながらテレビを見ています。

そんな晃玖に真珠は言います。

「今日は何の日か覚えてる?」

そして結婚一周年と書かれたケーキを出して、

「なぇあなた幸せ?」

と聞きます。

その言葉に晃玖は、

「ああ…幸せだよ」

とキラリと涙を流しながら答えるのでした…。

感想とまとめ

最後の真珠の問いかけに、「幸せだよ」と言った晃玖に本心はどうだったんだろうと思ってしまいますね。

晃玖の望んだ未来ではなかったのかもしれませんが、ある意味幸せは手に入れたとも言えるのかなと感じました。

でも最後のシーンの晃玖に涙がどっちにもとれるので、複雑な心境なのかなぁ…。

ちょっとモヤモヤした感じで終わった作品でした。

 

強気な醜女」はお金目的でブスと結婚したホストの、幸せとも残酷ともいえる結末が訪れます。

主人公のホストが幸せor不幸なのかは読んだ人によって変わるストーリーで、とても不思議な物語でした。

例えるなら「笑ゥせぇるすまん」みたいな感じです!

不思議な感覚になってしまう物語なので、ぜひ読んでみて欲しいと思いですね。

無料試し読みはこちらから↓
「強気な醜女」で検索!

スマホはこちらから
まんが王国で無料試し読み

PCはこちらから
eBookJapanで無料試し読み

 

他に収録されている作品はこちら

「強気な醜女」は、1話目に収録されています。他の3作品も面白いですので、こちらも読んでみて下さいね。

摩天楼のマリエ(ストーリーの女たち)のネタバレ!目の前の夢を掴むため死体をバラバラにする女

2018.05.06

深潭(ストーリーの女たち)のネタバレ!イジメたあいつに復讐を…

2018.05.06

天上の花(ストーリーの女たち)のネタバレ!主人公は何人もの娼婦を殺したサイコキラー

2018.05.06

>>真田魔里子先生の他の作品はこちら