友美~実母に処女を売られかけ家出した少女~(歌舞伎町の少女たち)のネタバレ!

歌舞伎町の少女たち~金と男とクスリに溺れた青春~

少女はは石原氏に「殺したい奴がいる」と言います。

しかも相手は自分の母親だったのです。

少女は母親から10万円で処女を売られかけ…。

「ストーリーな女たち」
タイトル:歌舞伎町の少女たち
~金と男とクスリに溺れた青春~
作者:北上祐帆
原作:石原伸司

1.アスカⅠ
 ~歌舞伎町のシャブ女王と呼ばれた少女~
2.アスカⅡ
 ~歌舞伎町のシャブ女王の出産~
3.メグミ
 ~貧困姉妹が作った”キャベツ”の誕生ケーキ~
4.チエコ
 ~小5で傷害加害者のモンスターチルドレン~
5.友美
 ~実母に処女を売られかけ家出した少女~

恐怖度   ★★★★★
おススメ度 ★★★★

 

無料試し読みはこちらから↓
「歌舞伎町の少女たち」で検索!

スマホはこちらから
まんが王国で無料試し読み

PCはこちらから
eBookJapanで無料試し読み

 

あらすじとネタバレ

原作は指定暴力団の元組長で、63歳で作家業に転身した石原伸司氏

作家業の傍ら、繁華街に出て非行少年少女の悩みを聞き更生を助ける「夜回り組長」を5年も続けています。

 

石原氏はある日出会った13歳の少女、友美の話を始めます。

急な雨でハンバーガー屋で雨宿りをしていた石原氏でしたが、店を出ると雨にビショビショに濡れた少女を見つけます。

それが友美でした。

 

友美は石原氏に

殺したい奴がいる

と言います。

 

その相手は自分の母親でした。

友美の母親はピンサロで働いており、聞いてもいないのに仕事から帰ると、その日の店での出来事を話してきます。

そして友美が13歳になったばかりの頃、母親はとんでもない話を持ち掛けてきたのです。

 

母親の客で社長の男が、

「あんたの娘におんなじことやりたいなぁ」

と話を持ち掛けてきたそうなのです。

 

そして母親は友美に、

「友美となら10万くれるっていうの」

「社長とやってよ」

「友美には2万円あげるからさ」

と言います。

 

「バカじゃないの」

と断る友美に対して母親は、

「いうこと聞けないなら家から出ていけ」

と言われ、友美は家出したのでした。

 

その話を聞いて石原氏は妙案を思いつきます。

母親の電話番号を聞くと、警察官のふりをして話し始めます。

「埼玉県警の石原というものだが」

「児童買春ほう助で逮捕します」

「だがあなたが娘を大事にすると約束するなら…」

「私が内々に握ってもいいでしょう」

と言います。

 

こうして石原の機転で友美は家に帰ることができました。

石原氏は思います。

子どもは親の愛情に飢えている…。

親の心ひとつで必ず幸せな親子関係は取り戻せるのだからと…。

 

感想とまとめ

友美はも他の子と同じように不幸な家庭に育ってしまったことから、不良の仲間と付き合いだしてしまったようです。

最後に石原氏が言っていたように、子どもは愛情に飢えているんだと思います。

大変でもしっかりと愛情をかけて育ててあげれば、可哀そうな子どもはグンと減るはずなんですよね。

 

それに親から売春を持ちかけてくるなんて、友美は可哀そうでしたね。

自分よりもお金が大事と言われているのと同じことですから、さすがにショックだと思います。

自分が成長して親になったとき、自分の子供をしっかりと可愛がれる親になってくれると良いなぁと思いますね。

友美~実母に処女を売られかけ家出した少女~」では親に売春をすすめられる少女が描かれています。

とても可哀そうで考えさせられる作品でしたので、ぜひ読んでみて欲しいと思います。

無料試し読みはこちらから↓
「歌舞伎町の少女たち」で検索!

スマホはこちらから
まんが王国で無料試し読み

PCはこちらから
eBookJapanで無料試し読み

 

他に収録されている作品はこちら

友美~実母に処女を売られかけ家出した少女~」は、ストーリーな女たちの「歌舞伎町の少女たち」の5話目に収録されています。他の4作品も面白いですので、こちらも読んでみて下さいね。

アスカⅠ~歌舞伎町のシャブ女王と呼ばれた少女~(歌舞伎町の少女たち~金と男とクスリに溺れた青春~)のネタバレ!

2018.06.13

アスカⅡ~歌舞伎町のシャブ女王の出産~(ストーリーの女たち)のネタバレ!

2018.06.13

メグミ~貧困姉妹が作った”キャベツ”の誕生ケーキ~(歌舞伎町の少女たち)のネタバレ!キャベツにウインナーを刺しただけのバースデーケーキ

2018.06.13

チエコ~小5で傷害加害者のモンスターチルドレン~(ストーリーの女たち)のネタバレ!

2018.06.13

>>北上祐帆先生の他の作品はこちら