スペアの子(ストーリーの女たち)のネタバレ!病気の兄のスペアとして生まれてきた主人公は!?

老いた卵子~妊娠適齢期~

主人公は病気の兄のスペアとして生まれてきました。

幼いときに骨髄移植をし、18歳になると腎移植して欲しいと母に頼まれます。

しかし自分が兄のスペアとして生まれた事を知り、家族に内緒で家出の準備を始めるのでした…

「ストーリーな女たち」
タイトル:老いた卵子~妊娠適齢期~
作者:まるいぴよこ

1.老いた卵子~妊娠適齢期~
2.因果な病
3.スペアの子
4.心のめまい
5.男の子出産命令

恐怖度   ★★★★
おススメ度 ★★★★★

 

無料試し読みはこちら
老いた卵子~妊娠適齢期~

「スペアの子」収録の「老いた卵子」は、コミなびで無料試し読みできます。
無料試し読みは、青色のボタンをクリック♪

続きが読みたくなったら、コミック1冊無料で丸々読める裏技を紹介中!
詳しくは緑のボタンをクリック!

 

あらすじとネタバレ

主人公は太田 真希(おおたまき)。

真希の兄の洸一は病弱で、幼稚園にも通っていませんでした。

 

真希が母親に近付くと、

「おばあちゃんのところへ行きなさい」

と言われてしまいます。

母は兄に手いっぱいで、真希を祖母に預けっぱなしだったのです。

 

洸一は小学生になっても病気がちで、とても甘やかされて育てられます。

そんな兄を見て真希は、

「真希も病気になりたい」

と言います。

すると母は、

「真希も大切な子よ」

病気になったらママ困るのよ

と真剣に怒るのでした。

 

洸一が小学4年生になると、白血病で入院してしまいます。

真希がお見舞いに行くと、洸一は薬の副作用で髪が抜け落ちていて、ときどき吐いて苦しそうでした。

 

母は真希に、

「お兄ちゃんね病気でとても苦しいの」

「真希ちゃんに助けて欲しいの」

と言って、兄に骨髄移植して欲しいとお願いしてきました。

 

真希も母を喜ばせたい一心で、そのドナーとなり、とても不安で怖かったけど、母のためにと耐えたのです。

真希は6歳になったばかりでした。

 

それからしばらくして、兄は退院してきます。

退院後もいろいろな拒絶反応が起きて、たまに入院することもありました。

そのため母は兄に付きっ切りで、真希の学校の行事に参加したことはありません。

 

それからしばらく経ち、兄が中2になると腎不全で入院してしまうのです。

そのため退院してからもずっと透析治療が必要になってしまうのです。

 

そのため兄は勉強も遅れる一方で、中学卒業後は高校進学はせず部屋にこもるようになります。

そんな生活が真紀が高校生になっても続きます。

 

真希が高校3年になると、母親が、

「ねえ真希進路のことなんだけど」

「看護師になったらどうかしら?」

と言ってきます。

 

真希は大学に行って司書の勉強をしたいと思っていたので、それを母に伝えるのですが、

「お兄ちゃん病気の副作用で子供のできない体なの」

「真希が働いて家にお金を入れて欲しいの」

「お母さんやお兄ちゃんの面倒を見て欲しいのよ」

と言います。さらに、

「それとね、あなたもう18歳でしょ」

「お兄ちゃんの腎移植のドナーになって欲しいの」

と言うのです。

 

腎移植は白血病と違い親でもドナーになることが出来るので、真希がそのことを言うと、

「若くて健康な腎臓がいいのよ」

と言います。

 

「お前はスペアなんだ、黙ってドナーになれよ」

と兄が話に混ざってきます。

 

「スペアってどういうこと?」

と真希が兄に聞くと、

「ママはお前を俺のドナーにするために産んだんだよ」

と言うのでした。

 

真希が母を見ると、

「真希ちゃんが良い子で、ママとっても嬉しかった…」

「良い子ねぇ真希ちゃん」

「お兄ちゃんに腎臓分けてあげようねぇ」

と言います。

 

このことにマキはとてつもないショックを受けてしまいます。

しかしこの先も兄のスペアとして、兄のために生きるなんて絶対に嫌と強く思うのでした。

 

真希は母に看護学校に通うとウソを言って、家を出る準備を始めます。

塾に行くと言ってお金を貰うと、それを家出の資金にしました。

 

そして高校の卒業式の日、母は真希に

「卒業式も終わったし、早速手術の準備をしなくちゃね」

と言います。

それを聞いた真希はナイフを取り出すと自分に突き付けて、

「無理やりドナーにされるくらいなら」

「腎臓潰して死ぬわ」

「さようならお母さん」

そう母に言い残して真希は走って去っていくのでした。

 

こうして真希は県外の書店で働きながら、司書の勉強をしています。

真希は考えます。

病気の家族を捨てた私は非常な人間かもしれない…

他の人なら家族のために献身できるのだろうか?…と。

 

ストーリーな女たちを1冊無料で読方法をご紹介♪

無料で読む裏技

U-NEXTの31日間の無料お試しキャンペーンを使う裏ワザです。

U-NEXTに無料登録すると600円分のポイントがもらえます。

それを使えば、今すぐ見たい漫画を1冊丸々読むことができるんですよ♪

U-NEXT600ポイント

もちろん「ストーリーな女たち」も読めます!

ぜひ読みたい作品を見つけて、1冊丸ごと楽しんでみて欲しいです。

⇒U-NEXTの登録方法を解説

⇒U-NEXT無料トライアルはこちら

無料トライアル期間内に退会すれば、料金は一切かからず安心です。

⇒U-NEXTの解約方法を解説

見放題の映画・ドラマ・アニメも多く、毎日が楽しくて充実した時間に変わりますよ♪

とってもお得なので、ぜひ利用してみてください。

漫画

 

感想とまとめ

最後まで読むとお母さんのセリフにゾォ~っとしてしまいました。

真希は病気の兄が母から優しくされるのを見て

「真希も病気になりたい」

と言いますが

「病気になったらママ困るのよ」

と真剣に怒るんです。

 

これは真希が病気になったら兄のスペアにすることができないから、ママが困るのよってことなんですよね。

真希が小さいころから兄のスペアとするために育ててきた証拠だと思います。

 

スペアという良い方はどうかと思いますが、真希自身が兄に腎臓を分けてあげても良いと思えるような家族を築くことが大事だったんだと思いますね。

私の周りでも家族に腎移植をしてあげた方が数人います。

葛藤は会ったと思いますが、それでも家族が死んでしまうよりも腎臓を分けてあげたいと純粋に思っていたと思うのです。

真希自身がそう思える家族でなかったということが、こうなってしまった原因だったのでは思えてしかたありません。

 

スペアの子」では、兄のスペアとして育てられてきた女の子が、その人生を否定し家を出るまでが描かれています。

どちらの言い分も理解できてとても考えさせられるストーリーでしたので、気になった方はぜひ読んでみて欲しいと思います。

 

無料試し読みはこちら
老いた卵子~妊娠適齢期~

「スペアの子」収録の「老いた卵子」は、コミなびで無料試し読みできます。
無料試し読みは、青色のボタンをクリック♪

続きが読みたくなったら、コミック1冊無料で丸々読める裏技を紹介中!
詳しくは緑のボタンをクリック!

 

他に収録されている作品はこちら

「スペアの子」は、ストーリーな女たちの「老いた卵子~妊娠適齢期~」の3話目に収録されています。他の4作品も面白いですので、こちらも読んでみて下さいね。

老いた卵子~妊娠適齢期~(ストーリーの女たち)のネタバレ!妊娠できないストレスから精神的を病んでしまう

2018.05.14

因果な病(ストーリーの女たち)のネタバレ!子宮頸がんはは夫婦で一緒に考え防ぐ病気

2018.05.15

心のめまい(ストーリーの女たち)のネタバレ!ストレスから若年性更年期障害に悩む主人公

2018.05.15

男の子出産命令(ストーリーの女たち)のネタバレ!長男の嫁は跡継ぎを産む義務がある?

2018.05.15

>>まるいぴよこ先生の他の作品はこちら