それ 欲しいのネタバレ|母のために万引きを繰り返す少女の悲しい物語

闇っ子~戸籍のない子供たち~

とある小学生の女の子が繰り返す万引き

それは寂しさから逃げ出すための行為でした。

万引きを繰り返す少女に訪れた危機に、養護施設の新人・鬼島が厳しくも優しく接してきます。

少女はその想いに胸を打たれて、ただただ泣きじゃくるのでした。

タイトル:闇っ子~戸籍のない子供たち~ (ストーリーな女たち)
作者:安武わたる

1.闇っ子~戸籍のない子供たち~
2.甘い話苦い水
3.それ 欲しい
4.いらない子

恐怖度   ★★★★★
おススメ度 ★★★★★

 

無料試し読みはこちらから↓
「闇っ子」で検索!

スマホはこちらから
まんが王国で無料試し読み

PCはこちらから
eBookJapanで無料試し読み

 

あらすじとネタバレ

主人公の竹内 亜綺羅(たけうちあきら)は小学6年生。

あれ欲しいと思うと自分で自分を止めることが出来ず、つい盗んでしまう万引きの常習犯です。

よく行くAオンショッピングモールではもうすでに目を付けられていて、よく万引きで捕まっていました。

 

亜綺羅の母親は娘が捕まったとしても「勝手にしてくれ」というばかりで、いつも引き取りに来るのは世話になっている養護施設の職員だったのです。

亜綺羅の母親は元ヤンで、17歳で亜綺羅を産んだ後すぐに別れてしまったためお父さんの顔も知りません。

 

ある日のこと、亜綺羅はまたAオンで服を万引きしようとして捕まってしまいます。

亜綺羅を引き取りに来た職員は全く見たこともない鬼島(きじま)という女性で、冷たい低い声に、

「なんだこのロボット女?」

と亜綺羅は思います。

 

鬼島は今までの職員とは違っていて、亜綺羅を甘やかすようなことはありませんでした。

しかしそれは子供じゃない、一人の人間として扱っているという事だったのです。

 

ある日亜綺羅はAオンを歩いていると、とっても可愛いビーズのバッグを見つけます。

値段を見てみると2万円もして驚いてしまいます。

でもそのバッグを母親にプレゼントしたら喜んでもらえるかなと思って、ついに自分のカバンにビーズのバッグをこっそりしまってしまうのです。

そのまま店の外に出ようとする亜綺羅の前に、店員がズイっと前に現れて、

「いけないなーお嬢ちゃん、現行犯逮捕しちゃった」

と亜綺羅に向かって言うのです。

 

亜綺羅はそんな店員に驚きながら、

「ごめんなさい、返す」

と言うのですが、その店員は、

「いいよあげるよソレ、その代わりおじさんの言う事聞いてくれるよね」

と亜綺羅のホホをなでながら言う変態おじさんだったのです。

 

怖くなった亜綺羅は盗んだバッグを放り投げ、そのお店から逃げ出します。

雨が降り始めるのですが、店員に家を知られているのかと思うとそのまま帰ることもできず、亜綺羅は凍えて風邪をひいてしまうのでした。

夜になり気力を振り絞ってなんとかアパートまでたどり着く亜綺羅。

ですがドアの前まで来ると、とうとう気を失って倒れてしまいます。

 

亜綺羅が目を覚ますとそこは病院でした。

そして目の前にいた人物は鬼島だったのです。

 

実は亜綺羅の母親はアパートには帰ってきていませんでした。通帳や大事なものを持って消えてしまい、亜綺羅は捨てられてしまったのです。

亜綺羅が万引きをしていたのは母親に喜んで欲しかったから、母親へのプレゼントだったのに。

鬼島はそのことを知っていたのです。

 

そして鬼島は亜綺羅に向かって、

「捨てちゃいなさいそんな親、あんたの方から」

「私も13のときに捨てた、だから生きてこれた」

「あんたのママにはあんたを愛する資格がなかった」

「そう思ってあんたは堂々といきてやりなさい」

自分のことを真剣に思ってくれる鬼島のその言葉に、亜綺羅は涙が止まらないのでした。

 

感想とまとめ

「それ 欲しい」は今の時代にあり得る話だなぁと思うストーリーでした。

子供よりも恋人を大事にして、子供のことなんてあんまり興味がないという毒親は増えてきていますから。

それでも子供にとっては唯一頼れる親だから、亜綺羅も喜んでもらえると思って万引きを繰り返していたんですもんね。

子供は親を選べない、だからこそ捨てる勇気を持つことも大事だという事を鬼島さんは亜綺羅に伝えたんだと思います。

それは鬼島さんも同じような親を持って苦しんだから。だから亜綺羅の苦しみを理解することが出来たし、亜綺羅も鬼島さんの温かい気持ちを理解することができたんでしょうねぇ。

「それ 欲しい」は毒親を持ってしまった悲しい子供の気持が描かれたストーリーで、最後は心がホッと温かくなるお話です。

深く考えさせられる展開で面白いので、ぜひ読んでみて欲しいと思います。

無料試し読みはこちらから↓
「闇っ子」で検索!

スマホはこちらから
まんが王国で無料試し読み

PCはこちらから
eBookJapanで無料試し読み

 

他に収録されている作品はこちら 「それ 欲しい」は、ストーリーな女たちの「闇っ子~戸籍のない子供たち~」の3話目に収録されています。他の作品も面白いですので、こちらも読んでみて下さいね。

闇っ子~戸籍のない子供たち~のネタバレ|中国の闇である黒孩子(ヘイハイズ)を描いた悲しいストーリーに涙

2018.03.12

甘い話苦い水のネタバレ|息子が学費を稼ぐために死体洗いのバイトを始めたら大変なことに

2018.03.12

安武わたる先生の他の作品はこちら