親なるもの断崖(第4話)のネタバレ!お梅と聡一が相思相愛の仲に

親なるもの断崖1

お梅は学生である聡一と相思相愛の仲になるものの、聡一にはお梅を見受けするだけのお金はありませんでした。

月に一度、たった一時間だけの二人の時間。

聡一はお梅を抱くことはせず、体を休ませるためだけにやって来るのでした…。

タイトル:親なるもの断崖(第4話)
作者:曽根富美子

恐怖度   ★★★★★
おススメ度 ★★★★★

 

親なるもの断崖1

無料試し読みはこちらから

「親なるもの断崖」は、まんが王国で試し読みできます。

「親なるもの 断崖」で検索して下さいね。

 

あらすじとネタバレ

お梅と恋仲になった中島 聡一という男子学生は、月に一度富士楼へお梅に会いにやってきます。

聡一の実家は室蘭で医者をしており、聡一は札幌で学生をしています。

月に一度札幌から室蘭にやって来て、1時間あるかないかの時間ですが、お梅にとってはかけがえのない幸せな時間を過ごすのでした。

 

聡一はお梅に

「好きだお梅」

「お前が一番好きだ」

と言いますが、お梅を抱くようなことはしませんでした。そして

「お前をここから出してやる」

「少しでも体を休ませろ、自分を大事にするんだ」

と言って帰っていきます。

 

聡一は少しでもお梅の体を休ませようと抱かないでいたのです。

お梅は帰る聡一の姿を追いかけて、

「聡一さん!聡一さん!」

と追い駆けます。

聡一との出会いでお梅は、人として生まれて、女に生まれてなんでこんなに悲しいのだ!と虚しさに襲われてしまうのでした。

 

お梅は下働きの茜に、武子(九条)への手紙を手渡します。

そのまま送ると目立ってしまうので、萩の花の枝に手紙を結んで…。

 

武子は「萩とは風流な…」と萩を見つめて手紙に気付くと、その手紙の結びをほどいて中を読みます。

その手紙をクシャと丸め、パクっと食べてしまいます。

そして武子は、

「萩の言葉、しかと受け取ったとお梅に伝えておくれやす」

と茜に伝えるのでした。

 

ストーリーな女たちを1冊無料で読方法をご紹介♪

無料で読む裏技

U-NEXTの31日間の無料お試しキャンペーンを使う裏ワザです。

U-NEXTに無料登録すると600円分のポイントがもらえます。

それを使えば、今すぐ見たい漫画を1冊丸々読むことができるんですよ♪

U-NEXT600ポイント

もちろん「ストーリーな女たち」も読めます!

ぜひ読みたい作品を見つけて、1冊丸ごと楽しんでみて欲しいです。

⇒U-NEXTの登録方法を解説

⇒U-NEXT無料トライアルはこちら

無料トライアル期間内に退会すれば、料金は一切かからず安心です。

⇒U-NEXTの解約方法を解説

見放題の映画・ドラマ・アニメも多く、毎日が楽しくて充実した時間に変わりますよ♪

とってもお得なので、ぜひ利用してみてください。

漫画

 

感想とまとめ

お梅は武子にどんな手紙を送ったんだろうと気になってしまいました。

武子はお梅に好きな人が出来たら知らせるようにと言っていたので、その事なのかなぁとか思いました。

女郎と芸妓と道は分かれても、同郷の二人は通じているものがあるんです。だからわざわざ好きな人を手紙で教えるなんてことをしたのかもしれないですね。

 

お梅を好いてくれた学生さんは、あくまで学生さんでお金はないですから、お梅を見受けすることなんて出来ません。

でも少しでも体を休ませてあげたいと思っているあたり好感が持てました。

二人のこれからも気になってしまいますね。

 

あとお梅は毎日男に抱かれながら精一杯働いていますが、帳簿をごまかされていたんです。

毎日10人以上は抱かれているのに、帳簿では4~5人ほどしか記載されていません。

毎日化粧品代や食費など取られているのに、お金を騙されていては貯まるものも貯まりません。

直吉に、借金を完済するにはあと10年かかると言われてしまうのです。

 

正直そんな風に騙されてしまったら、絶望しかみえないだろうなぁ~と思ってしまいました。

毎日必死で働いてきたのに、その半分以上がムダにされてしまうなんて…。

お梅はこれからどうなってしまうのか、続きが気になって気になってたまりません!

親なるもの断崖」は傑作のおすすめマンガですので、ぜひ読んでみて欲しいです。

無料試し読みはこちら

親なるもの断崖1「親なるもの断崖」は、まんが王国で試し読みできます。

「親なるもの 断崖」で検索して下さいね。

ストーリーな女たちを無料で読む裏技もぜひチェックしてみて下さい♪

 

>>親なるもの断崖の他の記事はこちら