のら子供のネタバレ|我が家に居座る汚い子供の悲しい理由とは!?

彼女の想い人

息子が連れてきた友達は汚い恰好をした子供でした。

勝手に冷蔵庫を開けたり、引き出しを開けたりとやりたい放題です。

家にも帰らず我が家に居座ろうとするその子供に迷惑しますが、その子には悲しい理由があったのでした…。

タイトル:醜女の祈り~美容整形がバレた女~ (ストーリーな女たち)
作者:まるいぴよこ

1.醜女の祈り~美容整形がバレた女~
2.のら婆さん
3.のら子供
4.彼女の想い人

恐怖度   ★★★★
おススメ度 ★★★★

 

無料試し読みはこちらから↓
「醜女の祈り」で検索!

スマホはこちらから
まんが王国で無料試し読み

PCはこちらから
eBookJapanで無料試し読み

 

あらすじとネタバレ

主人公は石本 和恵(いしもと かずえ)37歳。

ある日小学2年生の息子が友達を家に呼ぶのですが、見慣れない子どもが一人だけいます。

その子は友達が連れてきた子だったのですが、(しょう)という名前で汚い身なりをしています。

 

和恵はお友達のお母さんに電話して聞いてみると、その子は「のら子供」で有名なのだそうです。

のら子供とは、親がロクにしつけもしない面倒も見ない野放し状態の子供で、あちこちウロついているのです。

その子の親も共働きで、保護者会にも連絡網の電話にも出ないので、誰とも付き合いがないそうなのです。

自分の近所では相手にされなくて、こっちに来たんじゃないかという事でした。

 

翔は和恵の家の冷蔵庫を勝手に開けたり、他の子の分のおやつを食べたり、家の引き出しを勝手に開けたりとやりたい放題です。

それに他の友達が帰った後でも翔だけは帰ろうとしませんでした。

和恵は、

「もうすぐ夕食だから帰ろうね」

と言っても翔は、

「じゃあ僕も食べる」

と言う始末です。

和恵はしかたなく夕食を食べさせ、その後家まで送って行ったのでした。

 

翔のアパートに着いてみると誰も居ないし、カップラーメンのゴミがたくさんたまっていました。

和恵は「かわいそうだけど、あまり関わらない方が良さそうね」と思います。

 

しかしそれから翔は毎日のように和恵の家にやってくるのです。

休日でも朝8時には家にやってくるようになり、それからは半ば強引に追い返すようにしたのです。

 

ある日和恵は子供と一緒にスーパーで買い物をしていると、翔と仲間数人がお菓子を万引きしようとしているのを見かけてしまいます。

その時は店員に見つかって逃げていくのですが、店員の話では常習犯でよく店内をウロついているという事でした。

和恵は家でも何か取られているかもと思って調べてみると、ゲームソフトとお年玉がなくなっているのです。

そこで仕方なく子供に向かって、

「お母さん翔君とは遊んで欲しくない、いいわね?」

と言うのでした。

 

翌日翔が家にやって来ると、和恵は

「翔君、悪いけどもう遊びに来ないでね」

と言うと、翔は

るせぇ、くそばばぁ

と泣きながら走り去って行きます。

 

そのまま道路に飛び出した翔は車に引かれ、翔は左足の骨折と頭を3針縫うケガを負ってしまうのです。

和恵は病院に付き添うと翔の家に電話をするのですが、何度かけても留守番電話で伝言を残しておきました。

そしてしばらくすると翔の母親がやって来ます。

翔の母親は顔に殴られたような大きなアザがあり、和恵がそのことを聞いてみると、

「夫に殴られたんです」

と言うのです。

 

話を詳しく聞いてみると、旦那さんは失業をしてから酒を飲んでは暴力を振るうようになってしまったそうなのです。

仕事も探そうとしないので、翔の母親はパートやバイトを掛け持ちして働いているという事でした。

そのため遅くまで働いていて、翔の面倒を見ることが出来ずにいたのです。

翔のお母さんは、

「旦那と別れるために今は働くしかないんです」

とその場で泣き出してしまいました。

 

和恵はその話を聞いて、

「福祉事務所に相談してみてはどうでしょう」

とアドバイスをするのでした。

 

そのとき翔は目を覚まします。

そして和恵に向かって

「おばちゃん、ママを助けて」

「僕もう悪いことしないから」

と言うのです。

 

和恵は翔に向かって

「おばちゃんはママの味方よ」

と言うと翔はやっと安心して笑うのでした。

 

そして和恵は思います。

根は悪い子じゃないんだ、大人の身勝手が子供を追い詰めるんだ

 

その後、翔の母親は旦那さんと離婚して、翔も転校していきました。

今二人は母子生活支援施設で暮らして、お母さんは資格を取る勉強をしているそうです。

 

感想とまとめ

子供は親を選べないという言葉がありますが、本当にそうですね。

見ていてかわいそうな子供ってたくさんいますし、最近は夜遅くまで子供を連れまわす親も多くて、こんな時間になんで小さい子供が!?という状況もよく見かけます。

最初から悪い子供っとていませんし、やっぱり環境って大事だなぁと思います。

 

でも翔君のお母さんも、旦那さんと別れるために一生懸命だったわけで非難はできません。

子供のことをもっとかまってあげたくても、生活が苦しくて、なかなかその時間がとれないという方も多いのかもしれないですね。

これからの日本はもっと格差も広がり、翔君みたいな子供が増えてくると思います。

もっと周りでカバーできるような環境であったり、母子生活支援施設のようなものが身近にあれば助かる子供も多いかもしれませんね。

「のら子供」はストーリーの女たちの「醜女の祈り~美容整形がバレた女~」の3話目に収録されています。

子供に帰れる場所を与えるのは大人の責任だという言葉に胸打たれる名作ですので、ぜひ読んでみて欲しいです。

無料試し読みはこちらから↓
「醜女の祈り」で検索!

スマホはこちらから
まんが王国で無料試し読み

PCはこちらから
eBookJapanで無料試し読み

 

他に収録されている作品はこちら

「のら子供」は、ストーリーな女たちの「醜女の祈り~美容整形がバレた女~」の3話目に収録されています。他の3作品も面白いですので、こちらも読んでみて下さいね。

醜女の祈り~美容整形がバレた女~のネタバレ|ママがいつかキレイにあげる

2018.03.16

のら婆さんのネタバレ|鬼姑と耐え抜く嫁のリアルなバトルの結末は!?

2018.03.17

彼女の想い人のネタバレ|同居人の女の子が好きなのは女の子!?

2018.03.17

まるいぴよこ先生の他の作品はこちら