生き仏殺人事件(ザ・女囚)のネタバレ!戦後に起きた「大阪ヤミ屋4人殺害事件」をベースに作られた名作

ザ・女囚

「生き仏殺人事件」は、戦後大坂で起きた「大阪ヤミ屋4人殺害事件」をベースに作られた作品です。

殺人を犯して手に入れたお金を周りの人々に分け与え、生き仏と呼ばれていた殺人犯の苦悩と葛藤が感じられます。

戦後に起こった悲しい事件を、ストーリーな女たちのマンガで読んでみませんか。

タイトル:ザ・女囚 (ストーリーな女たち)
作者:外崎コウ

1.塀の中の女たち
2.塀を越えたら…
3.私は逃げ切る!!
4.グロテスク
5.生き仏殺人事件

恐怖度   ★★★★★
おススメ度 ★★★★★

 

ザ・女囚

無料試し読みはこちらから
「生き仏殺人事件」収録の「ザ・女囚」は、まんが王国で試し読みできます。

「ザ・女囚」で検索して下さいね。

 

あらすじとネタバレ

終戦間もなくの昭和21年7月の大阪。

この時代には満足に食う事すら出来ない時代でした。

岩田喜一郎とその妻佐江は、明日の食糧すらままならない生活を送っています。

戦争が終わったら楽になるようにと戦時国債を買い込んだものの、戦争に負けた日本にとってそれはただの紙屑に変わってしまっていました。

 

喜一郎は佐江に向かって、

「敗戦がすべて奪っていったんや」

と語ります。

 

そして喜一郎は、「金さえあればみんなで助け合って生き延びられるかもしれない」と考えます。

そして金を持っている闇商人の山本の殺害計画を練るのでした。

 

喜一郎はその話を佐江にすると、

「覚悟はええな」

と言い、それを聞いた佐江は少し間をおいて、こくりとうなずくのでした。

 

翌日、喜一郎は闇市に行くと山本に、

「サッカリンが3万円分ある」

「いるんだったら世話するで」

と取引を持ち掛けます。

 

サッカリンとは砂糖の代替品に使用する甘味料で、当時の3万円は今でいう1,500万円に相当しました。

山本はその話を聞いて、

「そりゃええな、3倍…いや5倍以上の値をつけても売れるわ」

と喜一郎の話に飛びついてきました。

 

こうして喜一郎は山本を自宅におびき寄せると、隠し持っていた包丁で腹を突き刺します。

佐江は叫び声をあげられては困ると、山本の口に手ぬぐいを被せて声をあげられないようにします。

こうして夫婦で協力して山本を殺害すると、喜一郎は自宅の裏庭に遺体を埋めて隠すのでした。

 

喜一郎は山本を殺して手に入れた金でイモを大量に買い込むと、それを家の前で蒸かして近所の子供たちに分け与えるのでした。

子供が、

「お母ちゃんのぶんも下さい…」

と言うと、佐江は

「ええよ、持っていき」

とイモを余分に持たせてあげます。

 

こうして喜一郎と佐江は、自分たちの贅沢は全くせずに周りに分け与えたのでした。

しかし戦後の混乱期で喜一郎の仕事はなく、食うや食わずの生活が続きます。

 

そのため喜一郎は第2、第3の殺人を実行してしまうのです。

そして3件目の犯行の後、被害者の仲間が喜一郎の元を訪ねてきたのです。

その男は、被害者が喜一郎から甘味料を買うための金を貸したといい、

「そのあとぱったりと姿をあらわさねぇ」

「何かわかったら教えてくれよ」

と言って帰って行きました。

 

喜一郎は佐江に、

「あの男、1万円も貸してるらしい」

「あきらめんやろな」

と言うと、佐江は

「お父ちゃん、逃げよう」

「4人も殺ってるんよ、捕まったら死刑や!」

と青い顔をしながら話します。

こうしてわずかな身の回りのものだけを持って、喜一郎と佐江は逃走したのです。

 

被害者の仲間の男が再度喜一郎の家を訪ねたときに、誰も居ないことに違和感を覚え、警察に捜索願を出しました。

警察が喜一郎の裏庭を掘り起こすと、そこから4つの遺体を発見し、こうして二人は全国指名手配となりました。

 

11年後…。

喜一郎と佐江は東京に潜伏し、高田という偽名で生活を続けていました。

貧しいバラックの長屋に住み、稼いだ金は昔のように貧しい人たちに分け与えて生活していたのです。

 

しかし警察は岩田夫妻を手配書の筆頭にあげて追跡を行っていました。

目撃証言から、とうとう喜一郎と佐江は警察に逮捕されてしまうのです。

時効まであと2年半というところで…。

 

そして喜一郎は死刑、佐江は無期懲役という判決が下ります。

この判決が下ったときに、刑務官の計らいで逮捕以来二人の面会が叶います。

そこで喜一郎は佐江に

「長年の苦労のかけ通しで済まん事をした」

と頭を下げます。

 

その言葉を聞いた佐江は、

「お父ちゃんこそ長い間優しくしてもらって」

「どこへ行っても忘れません」

と頭を下げ返すのでした。

そんな二人の会話に刑務官も同情したような顔をしています。

 

しかしこれが夫婦の最後の会話でした。

わずかな時間だったとしても、二人にはこれ以上ない幸せを感じることができたはずです。

 

ストーリーな女たちを1冊無料で読方法をご紹介♪

無料で読む裏技

U-NEXTの31日間の無料お試しキャンペーンを使う裏ワザです。

U-NEXTに無料登録すると600円分のポイントがもらえます。

それを使えば、今すぐ見たい漫画を1冊丸々読むことができるんですよ♪

U-NEXT600ポイント

もちろん「ストーリーな女たち」も読めます!

ぜひ読みたい作品を見つけて、1冊丸ごと楽しんでみて欲しいです。

⇒U-NEXTの登録方法を解説

⇒U-NEXT無料トライアルはこちら

無料トライアル期間内に退会すれば、料金は一切かからず安心です。

⇒U-NEXTの解約方法を解説

見放題の映画・ドラマ・アニメも多く、毎日が楽しくて充実した時間に変わりますよ♪

とってもお得なので、ぜひ利用してみてください。

漫画

 

感想とまとめ

自分の為ではなく皆のためにと思って殺人を犯してしまった喜一郎ですが、やっぱり殺してはダメですよね。

難しい判断だったと思うのですが、何とか殺人ではない方法を思いつくことはできなかったのかなと感じました。

戦後の混乱期には仕事もなく、食うものもろくにない時代がありました。その時代でも日本人は助け合って生きてきたという歴史があります。

何とか喜一郎にも乗り切ることが出来なかったのかな、と悲しい気持ちを持つ作品でした。

 

「生き仏殺人事件」は、実際に戦後大坂で起きた「大阪ヤミ屋4人殺害事件」がベースとなった作品のようです。

この事件の向井という犯人も、人々に可能な限りの援助をして、生き仏と呼ばれていたそうです。

調べてみるとほとんど中身は一緒でしたね。

戦後にこんな事件があったという事も知ることが出来る作品ですので、気になって方はぜひ読んでみてくださいね。

無料試し読みはこちら
ザ・女囚

「生き仏殺人事件」収録の「ザ・女囚」は、まんが王国で試し読みできます。

「ザ・女囚」で検索して下さいね。

ストーリーな女たちを無料で読む裏技もぜひチェックしてみて下さい♪

 

他に収録されている作品はこちら

「生き仏殺人事件」は、ストーリーな女たちの「ザ・女囚」の5話目に収録されています。他の4作品も面白いですので、こちらも読んでみて下さいね。

塀の中の女たち(ザ・女囚)のネタバレ!女子刑務所サバイバルストーリー

2018.03.31

塀を越えたら…(ザ・女囚)のネタバレ!母との絆で立ち直る勇気を手に入れたストーリー

2018.04.01

私は逃げ切る!!(ザ・女囚)のネタバレ!松山ホステス殺人事件の福田和子の人生を描いた漫画

2018.04.01

グロテスク(ザ・女囚)のネタバレ!ブサイクな女詐欺師の連続殺人ストーリー

2018.04.03

 

>>外崎コウ先生の他の作品はこちら