抱けぬ幸せ(ストーリーの女たち)のネタバレ!どんなに幸せでも後悔と罪悪感を抱えて生きていく人生

売られてしまった私~性被害の子~

主人公は中学3年生で母のお店の常連にレイプされ、なんと妊娠してしまいます。

中学を卒業と同時に家を出て働き始めますが、そこでもレイプされ会社を辞めてしまいます。

生活に困った彼女は援助交際でお金を稼ぎ始めますが、それが結婚後も本当に幸せになれない原因となってしまうのでした…。

「ストーリーな女たち」
タイトル:売られてしまった私~性被害の子~
作者:まるいぴよこ

1.売られてしまった私~性被害の子~
2.優しさの裏で
3.凍える家族
4.抱けぬ幸せ

恐怖度   ★★★★
おススメ度 ★★★★

 

無料試し読みはこちらから↓
「売られてしまった私」で検索!

スマホはこちらから
まんが王国で無料試し読み

PCはこちらから
eBookJapanで無料試し読み

 

あらすじとネタバレ

主人公は山田 有希(やまだゆき)。

5歳の時に両親が離婚し、以来母と二人暮らしをしています。

母は水商売をしていて、たびたび男の人を連れ込んでいました。

そんな時に有希は公園で時間をつぶしてから家に帰っていたのです。

 

そして家に帰ると母は、

「男の相手も仕事のうちなのよ」

「仕方ないでしょ」

と言います。

 

母は家のことは何もせず、2~3日家に帰らないこともあります。

そんな日々が過ぎ、有希が中学3年生になったときのこと…。

 

家に帰ると母の相手の男が一人でいたのです。

「お帰り、お邪魔してるよ」

と言います。

有希は逃げるように家を出ようとしますが、押し倒され

「おとなしくしろよ」

「誰のおかげで暮らせると思ってるんだ」

と言われ、服を脱がされてしまいます。

そしてその男にレイプされてしまうのです。

 

それから有希は生理が来ないコトに気が付き、妊娠したのだと思って母に相談します。すると母は

「バカだね~タダでやらせちゃったのぉ」

「まあいいや、金払わせるから」

「それなりの金もらわなきゃね」

と言います。

 

こうして男からもらった金で有希は中絶をしますが、悲しむ有希に母親は

「店探してやるから中学出たら働きなよ」

「あんたを高校にやる金なんてないからね」

と言うのです。

 

もうお母さんと一緒にいたくないと思った有希は家を出ることを決意し、中学卒業後寮のある工場で働くことにしたのでした。

工場では林さんという10歳以上年上の先輩社員に何かと親切にされて、

「がんばっているご褒美におごってあげるよ」

とカラオケに連れて行ってもらいます。

そこでお酒を飲まされフラフラになってしまった有希に、

「僕のアパート近いから休んで行きなよ」

と言って家に連れ込むと、有希はまたレイプされてしまうのでした。

 

それから工場では、有希は優しくすればすぐにやらせてくれるとウワサがたってしまいます。

それに耐えられなくなった有希は工場を辞め、寮も出ることになります。

 

行く当てのない有希が街をぶらついていると、高校生の女の子から、

「ねえあんた援交待ち?」

「良い客紹介しようか?」

「チョット相手すれば2~3万円だからね」

と話しかけられます。

 

有希はどうせ2度もレイプされて中絶もしてる。他の子もやっているならと考えてその話に飛びついてしまうのでした。

それ以来有希は何度も援交をし、妊娠すれば中絶を繰り返すようになっていったのです。

こうして4度目の中絶をしたときにお腹に痛みを感じて出血が止まらなくなってしまうのです。

 

幸い近くのお店のおばさんに救急車を呼んでもらい、病院に入院することになったのでした。

中絶後の回復が遅く、感染症を引き起こしていたのです。

そしてお見舞いに来てくれたお店のおばさんに、有希は今までのことを正直に話しました。

するとおばさんは、

「そう…かわいそうにねぇ…」

「うちはね小さな飲み屋をやってるの」

「行くとこがないなら住み込みで働かない?」

「大した給料は出せないけど…」

と言ってくれたのです。

 

こうして有希はその飲み屋で働き始めます。

そしてそんな有希に好意を抱いて誘ってくれる男の人がいました。

彼と何度か店の外で会いましたが体を求めてくることはなく、そんな彼に有希も引かれ始めていきます。

 

そして彼に

「つきあう事考えてもらえないかな」

と言われるのですが、有希は

「私なんてダメよ…」

「私…体も売って子供も産めないかもしれないの…」

と言ってその場を走り去ってしまうのでした。

 

それから数日後、彼は再び有希の前に現れて、

「ママから事情を聞いたよ」

「僕とのこと考えてみてくれないか」

「君に辛い思いをさせたくない」

「支えてあげたいんだ」

と言います。

 

その言葉を聞いた有希は、

「あり…がとう…」

と泣きながら、彼と付き合うことにしたのでした。

 

それから有希は彼と結婚します。

それから飲み屋勤めは夜めて、スーパーでパートをし穏やかに暮らしています。

しかしどこの産婦人科で見てもらっても「妊娠は難しいでしょう」と言われます。

中絶で感染症を引き起こしたことが原因でした。

 

夫は有希に、

「気にしなくていいんだよ」

「僕たちには僕たちの幸せがあるよ」

と言ってくれるのですが、有希はこころから幸せになることはできません。

一生後悔と罪悪感を抱えて生きていかなければいけないと思うのでした…。

 

感想とまとめ

最後は愛する夫と幸せになったのかと思ったのですが、罪悪感と後悔を抱えたままで完璧な幸せを手に入れることはできなかったんですね。

生きるために仕方なく援交しただけなのに、後の人生にまでこんなに影響を及ぼしてしまうなんて可哀そうだなと思います。

有希が苦しんでいるときに、周りに助けてくれる人が一人でもいたなら違う人生があったのかもしれなかったですね。

 

それでも優しい旦那さんと結婚することで、今までに比べれば大きな幸せを手に入れたのですから良かったということなのでしょうね。

ストーリーの女たちの「抱けぬ幸せ」は完全なハッピーエンドではなくて、優しい旦那さんと結婚してもどこか後悔と罪悪感を抱えてしまう主人公の心が上手く描かれています。

とても考えさせられるストーリーでしたので、気になった方はぜひ読んでみて欲しいと思います。

無料試し読みはこちらから↓
「売られてしまった私」で検索!

スマホはこちらから
まんが王国で無料試し読み

PCはこちらから
eBookJapanで無料試し読み

 

他に収録されている作品はこちら

抱けぬ幸せ」は、ストーリーな女たちの「売られてしまった私~性被害の子~」の4話目に収録されています。他の3作品も面白いですので、こちらも読んでみて下さいね。

売られてしまった私~性被害の子~(ストーリーの女たち)のネタバレ!母に売られた女の子の心の傷とは!?

2018.05.17

優しさの裏で(ストーリーの女たち)のネタバレ!娘にまで魔の手を伸ばす夫へ鉄槌を

2018.05.17

凍える家族(ストーリーの女たち)のネタバレ!家が恐怖と苦しみの場所だった…

2018.05.17

>>まるいぴよこ先生の他の作品はこちら