ブスが7億円もらったら~リベンジ~(第3話)のネタバレ|ゆきの復讐で工場長は逮捕されてしまう

ブスが7億円もらったら~リベンジ~

ゆきは何とか頼み込んで、クビになった工場へと戻ってきました。

その理由は、ゆきの次の標的は工場長だったため、土下座をしてでも工場に戻らねばならなかったのです。

そこで目立たずに工場長の行動を探りながら、復讐を果たすための計画を練り上げるのです。

タイトル:ブスが7億円もらったら~リベンジ~第3話
(ストーリーな女たち)
作者:木元紀子

恐怖度   ★★★★★
おススメ度 ★★★★★

 

無料試し読みはこちらから↓
「ブスが7億円もらったら~リベンジ~」で検索!

スマホはこちらから
まんが王国で無料試し読み

PCはこちらから
eBookJapanで無料試し読み

 

あらすじとネタバレ

ある日ゆきは工場長の目の前に現れて、土下座をしながら頼み込みます。

「お願いします。行くところがないんです。どうかもう一度雇ってもらえませんか?」

その言葉に工場長はニヤリと笑いながら、もう一度ゆきを雇うことを了承します。

 

なんと工場長はゆきの給料から毎回数万円をピンハネして私腹を肥やし、若い愛人に貢いでいました。

さらにゆきに工場で人気のアクセサリーブランドの偽物を作らせては、ネットオークションで転売して稼いでいたのです。

その利益だけで、月に十数万円も手にしているので、工場長はいい気になって愛人に「今度海外でも行くか?」なんてことを言っているのでした。

 

そんなある日のこと、工場に警察がやって来ます。

そして工場長の部屋に入るなり、

「偽物ブランド品の製造及詐欺罪の容疑で逮捕する」

と言って、工場長は逮捕されてしまうのでした。

 

工場長は訳が分からずにいたのですが、なんと工場長の口座には数千万円の入金があったことを警察が確認していました。

さらにそれだけではなく工場長が契約した愛人の住んでいたアパートには、偽物ブランド品の在庫が山のように積まれていたのです。

もちろんこの数千万円の入金、偽ブランド品の在庫の山はゆきが行ったものですが…。

 

こうして工場長は手錠をはめられると、ゆきを見つけます。

そこで工場長は気が付くのです!

「あいつが全部しくんだのか!?」

そして失禁しながら、パトカーに乗せられて逮捕されて行くのでした。

 

その光景を見ながら本山はブルブルと震えています。

次にゆきに復讐をされてしまうのは、きっと私だ…と思いながら。

 

感想とまとめ

今回の復讐は工場長への復讐でしたが、この復讐は社会的制裁という感じでしたね。

偽ブランド品の販売を大きく見せかけて、警察に逮捕させるというキツイ復讐で、工場長これからどうなるのかなぁ~とちょっと心配になったりして…。

前科ありの中高年の再就職は、前途が暗そうですからねぇ~。まぁ自業自得ですからしょうがありません。

それにしても工場長は最初は良い人かと思ったんですけど、中身はかなりのクズな人間だったんですよね。

愛人はいるは、給料ピンハネするは、偽ブランド品販売するはで完全ブラックな人間!

今回そんな工場長への復讐を果たしたので、次こそは本山さんの番ですね。

そもそもこんなひどい状況に陥るきっかけになったのも、本山さんが段ボール隠したことが始まりだった気もするので、ゆきの怒りも激しいはずです。

本山さんにはどんな厳しい復讐が待っているのか?とても気になるところです!

 

無料試し読みはこちらから↓
「ブスが7億円もらったら~リベンジ~」で検索!

スマホはこちらから
まんが王国で無料試し読み

PCはこちらから
eBookJapanで無料試し読み

 

ブスが7億円もらったら~リベンジ~の他の記事はこちら