ブスが7億円もらったら~リベンジ~(第2話)のネタバレ|ゆきの復讐がスタートする

ブスが7億円もらったら~リベンジ~

見知らぬ老婦人に7億円をもらったゆきは、自分傷つけてきたすべての人間に復讐を開始します。

まずはゆきをアパートから追い出した大家への復讐です。

ゆきは貰ったお金を使ってそのアパートの住人をすべて出て行かせることに成功し、大家は途方に暮れるのでした。

タイトル:ブスが7億円もらったら~リベンジ~第2話
(ストーリーな女たち)
作者:木元紀子

恐怖度   ★★★★★
おススメ度 ★★★★★

 

無料試し読みはこちらから↓
「ブスが7億円もらったら~リベンジ~」で検索!

スマホはこちらから
まんが王国で無料試し読み

PCはこちらから
eBookJapanで無料試し読み

 

あらすじとネタバレ

見知らぬ老婦人はゆきに住む家と7億円を渡すと、

「まずは1千万円くらい使ってみるといい」

と言います。

 

お金の使い方もわからないゆきは、まず高級レストランに行くのですが、レストランの従業員に、

「当店はドレスコードがございまして…そのお召し物ではちょっと」

と見下されながら言われてしまいます。

 

ゆきは恥ずかしくなり、今度は服を買うためブティックに入ります。

汚いものを見るかのような目でゆきを見る店員。そんな中ゆきは、

「コレで服を売ってください」

そう言って店員に100万円を渡すのです。

すると店員は手のひらを返したように上機嫌になって服を用意してくるのですが、その服を着てゆきはガッカリしてしまいます。

ボサボサの髪、化粧もしていない荒れた肌にドレスやアクセサリーだけが浮いてしまっているからです。

 

ドレスを着てもみすぼらしい自分に、「お金があっても何もないんだ」とゆきは自分に対して悲しくなって涙を流してしまいます。

しかし、「復讐をやりとげたら自分は変われるだろうか」という思いがフツフツと湧いてきて、変わりたい!と決意するのでした。

 

それから2か月間ゆきは運動や勉強、様々な計画などを行って復讐の準備を行います!

そして結構の日。

ゆきの住んでいたアパートの大家さんが掃除をしていると、ぞろぞろとアパートの住人が集まって来ます。

そして大家さんに向かって「俺たち出ていきます」と言うのです。

 

これがゆきの復讐でした!

ゆきは駅前に新築のアパートを作ると、もっと安い家賃でそのアパートの住人を住まわせたのでした。

大家さんは住人を追いかけながら「あんたたちに出ていかれたら私の老後はー!

と叫ぶのですが、住人は効く耳を持たず去って行ってしまいました。

 

その大家に向かってゆきは言います。

「大変でしたね、私も大変だったんですよ」

「お金すごくかかっちゃいました」

住人の説得も簡単で、中には泣いて喜ぶ人まで。住人は嫌味な大家がもの凄く嫌いだったのです

 

ゆきの言葉を聞いた大家は、

そんな~わぁぁぁぁぁ~

と泣いてしまうのでした。

 

ゆきは泣きじゃくる大家を見ながら思います。

復讐って気持ちいい…

 

感想とまとめ

とうとう今まで虐げられてきたゆきの復讐が始まりましたが、まずは大家さんに対しての復讐でしたね。

貰った7億円を使って、まさか新しいアパートを作るというのは私から見たら意外な発想でした。

直接的な暴力ではなく、絶望と不安で覆い尽くす復讐をゆきは狙っているのかもしれませんね。自分の感じた辛さ、やるせなさを晴らすための復讐という意味では、きっとその方が正解です。

大家さんへの復讐が終わったという事は、次は本山か工場長のどちらかだとは思うのですが、個人的には本山への復讐の方が見たいです。

ゆきは残りのお金を使って、どんな復讐を見せてくれるのか?

スカッとするような復讐に期待大です!

無料試し読みはこちらから↓
「ブスが7億円もらったら~リベンジ~」で検索!

スマホはこちらから
まんが王国で無料試し読み

PCはこちらから
eBookJapanで無料試し読み

 

ブスが7億円もらったら~リベンジ~の他の記事はこちら